PayPay銀行

PayPay銀行は、Zフィナンシャルと三井住友銀行が筆頭株主のインターネット銀行です。

2000年10月に日本初のネットバンクとして「ジャパンネット銀行」という商号で誕生し、以来、20年超、多くの顧客に支持されて成長し、2021年4月にZホールディングスグループとの連携を深め、さらに利便性の高い金融サービスを提供していくにあたって、現商号に変更されました。

目次:コンテンツ構成

PayPay銀行の商品・サービス

PayPay銀行は、顧客の多様なニーズに応えて、充実した商品・サービスを提供しています。

貯める
増やす
借りる
円普通預金、円定期預金
外貨預金、投資信託、外国為替証拠金取引
カードローン、住宅ローン 他
振り込む
支払う
入出金・ATM、キャッシュカード、振込、振替、口座自動振替、定額自動入金サービス、Pay-easy、給与受取、年金受取、Visaデビットカード、PayPay、Google Pay、LINE Pay、メルペイ、海外送金 他
遊ぶ
楽しむ
スポーツくじ、宝くじ、公営競技、Yahoo! JAPANでの利用、Tポイントの現金交換、保険一括見積請求、海外旅行保険申込、ふるさと納税 他
口座管理 各種情報照会、メール通知サービス、ご利用明細送付サービス、取引明細時刻表示サービス、SMS、普通預金取引明細照会メモ機能 他

PayPay銀行の会社概要

PayPay銀行は、Zフィナンシャル(Zホールディングス傘下の金融持株会社)と三井住友銀行のグループ会社で、ネットやスマホアプリで、今までにない「お得・便利」を顧客へ提供するネット銀行です。

社名の「PayPay」とは、元々は、スマホ一つで支払いができるキャッシュレス決済サービスの名称でしたが、現在は、Zフィナンシャルの金融系グループ会社において、顧客に親しみをもってサービスを利用してもらえるよう、社名・サービス名を「PayPay」ブランドで統一する上で変更されたものです。

なお、PayPay銀行の現在の経営体制は、Zフィナンシャルが主体となっていますが、一方で三井住友銀行がZフィナンシャルと並んで筆頭株主であることは変わっていません。

※Zホールディングス:ヤフーやLINE、アスクル、ZOZO、Zフィナンシャルなどを傘下に持つ、ソフトバンクグループの持株会社。

商号 PayPay銀行株式会社
〔PayPay Bank Corporation〕
所在地 東京都新宿区西新宿2-1-1
設立 2000年9月19日
開業 2000年10月12日
資本金 372億5千万円
株主 Zフィナンシャル株式会社:46.57%
三井住友銀行:46.57%
富士通:5.26
三井住友海上火災保険:0.52%
大樹生命:0.52%
住友生命:0.52%

金融ブランド事典

カテゴリー