楽天銀行

楽天銀行は、楽天グループのインターネット専業銀行です。2001年の開業以来、中核サービスである決済業務に加え、預金や投資信託、ローン、カードなど取扱う商品・サービスを順次拡充し、フルバンキング化を進めた結果、多くの顧客から支持を得て、国内で最大の口座数を有するネットバンクに成長しました。

目次:コンテンツ構成

楽天銀行の商品・サービス

楽天銀行は、顧客の多様なニーズに応えて、充実した商品・サービスを提供しています。

貯める・増やす 円預金、外貨預金、投資信託、楽天信託、証券、FX、証券連携
振込・送金 振込、かんたん振込、Viberで送金、Facebookで送金、海外送金
支払う カード、デビット、クレジット、プリペイド、口座振替、Pay-easy、コンビニ支払 他
借りる・備える カードローン、住宅ローン、教育ローン、不動産担保ローン、リバースモーゲージ、保険
資産管理 マネーサポート
楽しむ 公営競技、BIG・toto、宝くじ 他

楽天銀行の会社概要

楽天銀行は、楽天グループのネット銀行(ネットバンク)です。

<楽天銀行の主なメリット>

・近くのコンビニATMで24時間365日利用可能
・ATM手数料0円(最大月7回まで)
・他行宛振込手数料0円(最大月3回まで)
・楽天ポイントが貯まる、使える
・スマホで残高照会・振込等のサービス利用可
・楽天銀行ならではの好金利

商号 楽天銀行株式会社
〔Rakuten Bank, Ltd.〕
設立 2000年1月14日
本社所在地 東京都港区港南2-16-5 NBF品川タワー
業務内容 電子メディアによる銀行業
使えるATM セブン銀行、イオン銀行、ローソン銀行、PatSat、Enet、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行 他
主な株主 楽天カード 100%
金融機関コード 0036

楽天銀行の沿革

楽天銀行は、設立以来、多くの顧客の支持を得て、大手ネット銀行へと成長しました。

2000年-2009年

・2000年:日本電子決済企画が設立、データセンターを開設
・2001年:イーバンク銀行に商号変更、銀行業の免許を取得し開業
・2002年:モバイルバンキングサービスを開始、メルマネを開始
・2003年:イーバンクカードニコスを発行
・2004年:イーバンク銀行キャッシュカードを発行
・2005年:100万口座を突破、投資信託の取扱開始
・2006年:全銀システムに直接接続、外貨普通預金の取扱開始
・2007年:200万口座を突破、預金残高5,000億円を突破
・2008年:楽天と資本業務提携、300万口座突破
・2009年:楽天が親会社に、カードローンを開始、本社を移転

2010年-現在

・2010年:商号を「楽天銀行」へ変更、楽天証券と業務提携
・2011年:法人向け海外送金サービスを開始、口座連携サービスを開始
・2012年:住宅ローンを開始、400万口座を突破
・2013年:個人向け海外送金サービスを開始、預金残高1兆円を突破
・2014年:教育ローンの取扱開始
・2015年:500万口座を突破、本店を東京都世田谷区に移転
・2016年:グループ会社と銀行代理業務に関する提携開始
・2017年:600万口座を突破、預金残高2兆円を突破
・2018年:700万口座を突破
・2019年:800万口座を突破、預金残高3兆円を突破
・2020年:800万口座を突破、本店を東京都港区に移転

金融ブランド事典

カテゴリー