外国為替市場の取引時間と取引場所

外国為替市場は、世界中のいたる所にあり、よく「眠らない市場」と言われています。実際、土日と元旦(1/1)を除き、24時間市場は動き続けていますが、その中でも取引の活発な時間帯と取引の大きな場所があります。ここでは、外国為替市場の「取引時間」と「取引場所」の基本事項についてまとめてみました。

外国為替市場の取引時間

外国為替市場は、月曜日のウェリントン市場に始まり、金曜日のニューヨーク市場で終わるまで、24時間、世界のどこかしらで外国為替取引が行われています。

・夏時間:日本時間で月曜日午前5時~土曜日午前6時
・冬時間:日本時間で月曜日午前6時~土曜日午前7時

<世界の市場> 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
ウェリントン                            
シドニー                            
東京                            
香港・シンガポール                            
フランクフルト                            
ロンドン                            
ニューヨーク                                

※上記は夏時間の場合、冬時間の場合は+1時間

外国為替市場の季節要因

外国為替市場には、毎年季節別の要因があり、各月の取引の活発度や特色に違いがあるので注意しましょう。

日本 海外
1月(活発) 正月 欧米企業の期初、新規取引
2月(活発) リパトリ  
3月(閑散) 本決算、会計年度末  
4月(活発) 日本企業の期初、新規取引 イースター休暇(上旬)
5月(活発) ゴールデンウィーク  
6月(普通) ボーナスシーズン  
7月(普通)    
8月(閑散) お盆休み 夏休み
9月(普通) 中間決算  
10月(活発)    
11月(活発)   リパトリ、感謝祭(下旬)
12月(閑散) ボーナスシーズン、年末休暇 会計年度末、クリスマス休暇

外国為替市場の五大市場

外国為替市場は世界中にありますが、その中でも取引の中心となるのが「ロンドン市場」と「ニューヨーク市場」であり、この二つで世界シェアの半数超を占めています。

・世界第1位:ロンドン市場(英国)
・世界第2位:ニューヨーク市場(米国)
・世界第3位:シンガポール市場(シンガポール)
・世界第4位:香港市場(香港)
・世界第5位 :東京市場(日本)

※参照データ:「外国為替およびデリバティブに関する中央銀行サーベイ(2016年4月中取引高調査)」・・・BISが3年毎に取りまとめ