債券とは何か?

債券は、国や地方公共団体、独立行政法人、事業会社(民間企業)、国際機関、外国の政府などが資金調達のために発行する「有価証券(借用証書)」のことをいいます。これは、資金調達のために発行するという点では、株式と目的は同じですが、予め利率満期日(償還日)などの条件が決められて発行される点では大きく異なります。

一般に定期的に利払いが行われる債券である「利付債」を購入すると、定期的に利率分の利子(クーポン)を受け取ることができ、また償還日を迎えると、額面金額である償還金を受け取ることができます。ここでは、債券の基本事項について見てみましょう。

債券とは?

債券とは、英語で「Bond(ボンド)」と呼ばれ、広く投資家から、お金を借りるために発行する有価証券(借用証書)のことをいいます。これには、国が発行する「国債」、地方自治体が発行する「地方債」、企業が発行する「社債(事業債)」などがあり、債券市場(主に店頭市場)で日々取引されています。

・国や地方公共団体、企業などが資金調達のために発行する借用証書
・債券市場(マーケット)で取引される転売可能な有価証券

債券の取引は?

債券を取引する(投資する)ということは、その発行体に対して直接お金を貸すことを意味します。そのため、金融機関から債券を購入する際には、発行体の信用力(格付け)などに十分に注意することが必要です。

・発行体が元利の支払いを保証する(デフォルトリスク
・発行時に金利償還期限、利払方法などが決定される
・発行後は市場価格で取引される
・投資のスタンスは中長期が基本である

債券の特色は?

債券は、資産運用において、株式よりはリスクが低く、預貯金よりはリスクが高く、以下のような特色があります。

・種類(銘柄)が非常に豊富である
・発行体の信用力や償還期間、市場金利等により発行金利が決定
・通常、同期間の預貯金より金利が高い
・債券価格は市場金利等の動向により変動する
・発行体は債券の発行時に大量の資金を調達可能
・投資家は償還前でも市場価格で債券を売却可能
・債券は有価証券という規格化されたものになっており、債権者としての立場をいつでも他人に譲渡可能
・債券は、安全性・収益性・流動性に優れていると言われるが、この三つのいずれもが高い債券はない
・発行体が倒産した場合、元本や利子が支払われないこともあり
長期金利は、長期国債(10年等)の金利が指標

債券の投資損益は?

債券の投資損益は、「インカムゲイン(利息収入)」と「キャピタルゲイン(or キャピタルロス)」から構成されます。

投資損益=インカムゲイン+キャピタルゲイン(or キャピタルロス)

インカムゲイン
クーポン(利息収入)
キャピタルゲイン(orキャピタルロス
-売却損益(=売却価格-取得価格)
償還差損益(=償還価格-取得価格)

また、債券の保有期間中は、金利動向等により評価損益が発生します。

・購入時より金利が上昇:債券価格が下落(評価損)
・購入時より金利が下落:債券価格が上昇(評価益)

債券の投資対象(個人の場合)

日本において、個人が債券投資をする場合、以下のような商品が定番となっています。

個人向け国債
「変動10年」、「固定5年」、「固定3年」の三種類があり、額面金額1万円から1万円単位で購入でき、国が額面金額(元本)と利子の支払いを保証する。

地方債
地方公共団体(都道府県や市区町村)が必要な財源を確保するために発行する債券で、個人においては、全国型市場公募地方債、住民参加型市場公募地方債(ミニ公募債)、共同発行市場公募地方債を購入できる。

外国債券
発行体、発行場所、通貨のいずれかが外国の債券で、個人においては、ソブリン債(米国債等)、国際機関債(世銀債・ADB債等)、民間債(グローバル企業の債券)を購入できる。

個人向け社債
個人向けに設計・販売される普通社債で、購入単位が10万~100万円など小口で購入できる。

転換社債型新株予約権付社債(CB)
一定価格(転換価格)で株式に転換できる権利の付いた社債で、証券会社を通じて取引できる。