償還差損益

読み方: しょうかんさそんえき
分類: 損益

償還差損益は、公社債などの債券投資において、債券の購入時の購入価格と償還時の額面金額との差額(損益)のことをいいます。

償還差損益の概要

償還差損益は、債券を額面金額と比べて安い価額で取得し、償還時に額面金額で償還されることにより生じる利益である「償還差益」と、債券を額面金額と比べて高い価額で取得し、償還時に額面金額で償還されることにより生じる損失である「償還差損」の二つを合わせた呼称となっています。

現在、特定公社債に該当する債券の償還差損益は、上場株式の譲渡損益と同様、「上場株式等の譲渡所得等」として申告分離課税となっており、また確定申告をすることにより、「上場株式等の配当等や譲渡損益との損益通算」と「譲渡損失の繰越制度」が認められています。