インカムゲイン

英語名: Income gain
分類: 運用損益

インカムゲインは、資産運用に対するリターン(成果)の一つで、ある資産を保有することで安定的かつ継続的に受け取ることのできる現金収入(利益)をいいます。これは、投資対象そのものから得られる収益であり、具体的には、銀行預金や利付債券(国債、普通社債、転換社債等)の受取利息、投資信託の収益分配金、株式投資の配当金や貸株料、外国為替証拠金取引のスワップポイント、不動産投資の家賃収入(賃料収入)などが挙げられます。

一般にインカムゲインの水準は、投資対象によってそれぞれ異なりますが、基本的にはリスクの高いものほどリターンは高くなります。例えば、多様な種類がある債券では、格付けの低いジャンクボンドほどデフォルトリスクが高くなるため、クーポンレート(表面利率)は高くなります。ちなみに、元本に対する1年間のインカムゲインの割合をパーセンテージ(%)で表したものが「利回り」で、収益性の指標として日常的に使われています。

また、インカムゲインに対して、運用資産(投下資本そのもの)の価格変動(市場取引)によって得られる収益(売却益、譲渡益、差金決済益等)のことを「キャピタルゲイン」と言います。その他に、資産運用の収益を考える場合、「トータルリターン」という概念もあり、これはインカムゲインとキャピタルゲインを合わせたリターンのことをいいます。

トータルリターン=インカムゲイン+キャピタルゲイン

なお、税務面では、インカムゲインとキャピタルゲインは、通常、それぞれ別の体系で税金が取られることが多いです。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

フィンテックが身近に。世界水準の金融アルゴリズムを提供するロボアドバイザーに注目!