キャピタルゲイン

英語名: Capital gain
分類: 運用損益

キャピタルゲインは、資産運用に対するリターン(成果)の一つで、ある運用資産(投下資本そのもの)の価格変動(市場取引)によって得られる収益のことをいいます。これは、投資対象を手放す時に生ずるものであり、具体的には、株式や債券、投資信託、ETF、ETN、REITなどの「売却益」、信用取引や先物・オプション取引、外国為替証拠金取引、CFD取引などの「差金決済益」、不動産(土地、建物)やゴルフ会員権、絵画、骨董品、貴金属(金、銀、プラチナ等)などの「譲渡益(売買益)」が挙げられます。

一般にキャピタルゲインは、投下資本が大きいほど、またレバレッジが高いほど大きくなりますが、同時に市場(マーケット)環境によっては大きな損失を被ることもあります。一方で、資産の価格変動に伴って生じるキャピタルゲインに対して、ある資産を保有することで安定的かつ継続的に受け取ることのできる現金収入(利益)を「インカムゲイン」と言います。その他に、資産運用の収益を考える場合、「トータルリターン」という概念もあり、これはインカムゲインとキャピタルゲインを合わせたリターンのことを言います。

トータルリターン=インカムゲイン+キャピタルゲイン

なお、税務面では、通常、インカムゲインとキャピタルゲインは、それぞれ別の体系で税金が取られることが多いです。

フィンテックが身近に。世界水準の金融アルゴリズムを提供するロボアドバイザーに注目!