証券市場

読み方: しょうけんしじょう
英語名: Securities Market
分類: マーケット

証券市場は、有価証券(株式・債券等)が取引され、価格が形成されるマーケット(市場)をいいます。これは、有価証券の発行および流通のための市場であり、具体的には、有価証券が発行されて投資家に取得されるまでの過程、および投資家相互間で有価証券が流通(売買)する過程を総括した市場を指します。また、狭義で証券市場と言った場合は、「証券取引所」を指すこともあります。

なお、証券市場を通じて、資金の需要者と供給者が直接取引することを「直接金融」と言います。

証券市場の有価証券

証券市場で扱われる有価証券は、元来は資本として利用されるものではありませんが、実際は収益を生み出す資本として価値が計算される「擬制資本(架空資本)」の証券を意味し、その代表的なものとして「株式」や「債券」などがあります。

証券市場の分類

新規の有価証券の発行を通じて資金需給が行われる市場を「証券発行市場」、既発の有価証券が売買される市場を「証券流通市場」と言いますが、この二つは組織や機構の面で明確に分けられているわけではありません。また、株式の取引が行われる市場を「株式市場」、債券(公社債等)の取引が行われる市場を「債券市場」と言い、市場規模では債券市場の方が大きいです。

・発行市場と流通市場
・株式市場と債券市場

金融市場と証券市場の違い

金融市場は、広義には、資金の需要と供給が調節される市場を意味し、証券市場を含んだ広い概念となっています。また、狭義には、広義の金融市場から、証券市場(資本市場)を除いたものを指すこともあります(以下は狭義の違い)。

●金融市場

貸借取引(相対取引)の形態で資金の取引が行われるもので、短期金融市場が代表例で、また金融機関を通じた預金や貸付なども含まれる。

●証券市場

証券の発行、取得(購入)、流通(売買)といった形態で資金の取引が行われるもので、株式市場と債券市場が代表例。