発行市場

読み方: はっこうしじょう
英語名: Primary market
分類: マーケット|証券市場

発行市場は、「プライマリーマーケット(一次市場)」とも呼ばれ、企業・国・地方公共団体などにより、新たに発行される株式債券などの有価証券を投資家が購入する市場をいいます。これは、具体的な場所を指すのではなく、ごく抽象的な概念であり、発行体にとっては、資金調達をするための重要な場であると共に、投資家にとっては、新たな資金運用の場となっています。例えば、株式の場合、新しく上場(公開)する会社の株式の売出しや、既に上場している会社の増資に伴う株式の発行の際に利用され、その値段(公募価格)は発行会社と証券会社によって決められ、公募価格で証券会社から投資家へ売却されることになります。

一般に発行市場は、資金調達の目的で、新規発行の株式や債券などの有価証券が、発行者から直接あるいは仲介者(引受会社)を介して投資家に第一次取得されるのに対して、既に発行されている株式や債券などの有価証券を取引する市場を「流通市場(セカンダリーマーケット)」と言います。通常、証券市場は、この二つの市場がうまく機能することで成立し、また値段(価格)が正常に形成され、取引を円滑に行うことができます。