裁定取引

読み方: さいていとりひき
英語名: Arbitrage
分類: 投資手法

世界中のマーケット(市場)において、株式や為替、金利、債券、コモディティなど多くの商品が日々取引されていますが、同じ商品であっても、市場の違いにより価格差が生じたり、現物の取引価格と先物の理論価格の間に価格差(歪み)が生じたりすることがよくあります。

このような状況の中、裁定取引アービトラージ取引)とは、市場にできる価格差を利用して利益を獲得しようとする取引を指し、同一の性格を持つ2つの商品の間で、割安な方を買い、割高な方を売ることにより、理論上リスクなしで収益(利鞘)を確定させることができるものです。その仕組みとして、市場の価格がいずれ理論価格に近づき、乖離(価格差)がなくなることで割高や割安な状態が解消され、そこで反対売買を行なうことによって利鞘を得ることができるとされます。

例えば、日本の株式市場でよく行われる裁定取引には、日経平均と日経平均先物を対象とした取引があります。これは、日経平均から日経平均先物の理論価格を算出し、日経平均先物に実際に付いている価格が理論価格を上回った時に「先物売り/現物買い」、一方で先物価格が理論価格を下回った時に「先物買い/現物売り」といった取引を行い、先物価格が理論価格にサヤ寄せした時に反対売買をすることで、その価格差分が利益となります。(通常の取引では、先物価格は決済を先に伸ばしているため、理論上はその間の金利分だけ、現物価格よりも高くなるのが普通)

一般に裁定取引はノーリスクに見えますが、それ相当の収益を確保するには高い専門性やノウハウが必要であり、裁定取引専門の市場参加者アービトラージャー)も存在します。また、実際に市場で成功するためには、(1)特定の市場や商品に関して他の参加者より情報収集が容易であること(情報収集力)、(2)豊富な資金力や取引ツールを持つこと(取引力)、(3)万が一取引が途中で不成立になっても、損害を回避する手段があること(リスク管理力)、などの強みが必要です。なお、市場全体で見れば、裁定取引は市場間の価格差を是正する方向に圧力をかけるため、市場の歪みを正し、適正な市場価格の形成に寄与しているとも言えます。

※東京証券取引所では、情報開示の一つとして、「裁定取引に係る現物株式の売買及び現物ポジション(全取引参加者報告合計)」を日々公表。

市場でよくある裁定取引

裁定取引は、市場の歪みに着目して収益を狙うものです。

・現物市場と先物市場との間のスプレッド
・同一の先物で異なる限月間での「限月間スプレッド」
・異なる先物市場間での「市場間スプレッド」

裁定買いと裁定売り

裁定取引には「裁定買い」と「裁定売り」の2つがあり、以下は現物と先物の間の取引内容です。

・裁定買い:先物を売って現物を買う取引
・裁定売り:先物を買って現物を売る取引