CD市場

読み方: しーでぃーしじょう
分類: マーケット|種類

CD市場は、オープン市場の一つで、NCD譲渡性預金)が取引される市場(マーケット)をいいます。また、NCDとは、"Negotiable Certificate of Deposit"の略で、日本語では「譲渡性預金(譲渡性預金証書)」とも呼ばれ、発行金額・期間・金利・保有者に何ら制限がない譲渡性と流通性を持った、第三者に指名債権譲渡方式で譲渡することができる無記名の定期預金証書をいいます。通常の定期預金証書は、他人に譲り渡すことはできませんが、本証書は預金者が必要に応じて、いつでも金融市場で自由に売却でき、金利は市場金利を反映して決められます。また、その取引形態は、現先取引と買切取引の二つがありますが、取引の自由度と有利さから「現先取引」が中心となっています。

一般にオープン市場は、インターバンク市場と共に、短期金融市場マネー・マーケット)を構成する市場で、金融機関だけでなく事業法人や地方公共団体なども参加しており、その種類には、国庫短期証券市場レポ市場現先市場、CD市場、CP市場などがあります。元々、CD市場は1960年代に米国で発達し、それがユーロ市場にも波及し、日本では1980年代に市場が拡大し、現在はオープン市場の一つとして日常的に取引が行われています。なお、NCDの金利については、日本経済新聞のマーケット欄に「CDの期間別平均レート」が掲載されています。