ユーロ市場/ユーロマーケット

読み方: ゆーろしじょう
英語名: Euromarket
分類: マーケット|金融市場

世界の金融市場において、自国以外の金融機関に預けられている自国通貨や、非居住者によって保有されている自国通貨のことを「ユーロマネーユーロカレンシー)」と言います。例えば、ドルであれば「ユーロダラー(ユーロドル)」、円であれば「ユーロ円」、ユーロであれば「ユーロユーロ」などと言います。

そして、このようなユーロマネーを対象とした各種取引が行われている世界中のマーケット(市場)を「ユーロ市場」と言い、その名称は、1950年代のヨーロッパで、このような取引が発生したことから、ヨーロッパ(Europe)の接頭辞より、ユーロ市場(Euromarket)と呼ばれるようになったそうです。また、その歴史は、冷戦時代において、米ソ関係の冷却を背景に、東欧圏の銀行が米国の銀行に預けていたドル預金を欧州の銀行に移したことや、1950年代のポンド危機で英国の銀行がドルで資金調達を行ったことなどが始まりだそうです。

一般にユーロ市場では、各国の金融市場固有の制約(通貨政策、取引慣行、税制等)に縛られることなく、自由に取引できることから、潤沢な資金が流入し、ユーロドルをはじめ、ユーロ円など様々な通貨が取引され、大型の貸付ローン)や債券起債ユーロ債)などが行われています。なお、各通貨の金利については、国内市場との金利裁定が働くため、自国の金利体系にほぼ連動した形となります。

<ユーロ市場の構成>

・通貨取引:ユーロカレンシー市場
・貸借取引:ユーロクレジット市場
・債券取引:ユーロ債市場