レポ市場

読み方: れぽしじょう
分類: オープン市場

レポ市場は、レポ取引が行われるマーケット(市場)をいいます。これは、短期の資金取引を行う場であるオープン市場の一つで、またレポ取引とは、本来は「買い戻し条件付取引」のことをいいますが、日本では、債券の貸借取引で金銭担保として差し出す「現金担保付債券貸借取引(債券レポ取引)」のことを指します。

なお、オープン市場は、インターバンク市場と共に、短期金融市場マネー・マーケット)を構成する市場で、金融機関だけでなく事業法人や公的機関なども参加しており、その種類には、国庫短期証券市場やレポ市場、現先市場CD市場CP市場などがあります。

債券レポ取引の仕組み

債券レポ取引は、現金を担保とした債券の消費貸借契約(貸借取引)となっており、当事者の一方(貸し手)が他方(借り手)に債券を貸し出し、その見返りとして担保金を受入れ、一定期間経過後に同種同量の債券の返還を受けて、担保金を返却するという仕組みになっています。また、その取引では、当事者間において、債券の借り手は借り入れた債券に対する貸借料を支払い、一方で債券の貸し手は受け入れた担保金に対する金利を支払い、その差額(担保金金利-債券貸借料)が「レポレート」となります。

日本のレポ市場について

日本の債券レポ市場(現金担保付債券貸借市場)は、1996年に現在の取引形態となり、昨今では、短期金融市場において、国庫短期証券市場(TDB市場)に次ぐ市場規模があり、その利便性から日々多くの取引が行われています。また、その指標については、日本証券業協会が毎営業日に「東京レポ・レート」を公表しています。