CP市場

読み方: しーぴーしじょう
分類: マーケット|種類

CP市場は、オープン市場の一つで、事業法人などが発行したCP(コマーシャル・ペーパー)が取引(売買)される市場(マーケット)をいいます。また、CPとは、"Commercial Paper"の略で、信用力のある優良企業が短期資金の調達を目的に、オープン市場で割引形式で発行する無担保の約束手形(短期社債)で、今日では「電子CP」という形で発行されています(ペーパレスの電子CPの導入により、手形CPで必要とされる印紙税は不要となった)。その取引形態については、現先取引と買切取引の二つがありますが、取引の自由度と有利さから「現先取引」が中心となっています。

一般にオープン市場は、インターバンク市場と共に、短期金融市場マネー・マーケット)を構成する市場で、金融機関だけでなく事業法人や地方公共団体なども参加しており、その種類には、国庫短期証券市場レポ市場現先市場CD市場、CP市場などがあります。元々、CP市場は、米国で自然発生的に発達した市場で、日本では1987年に創設され、1989年に日本銀行による公開市場操作が導入され、現在はオープン市場の一つとして日常的に取引が行われています。なお、短資協会では、CP市場の指標として、現先のCP気配レート(翌日、1週間、1カ月)を毎営業日に公表しています。