日本証券クリアリング機構

読み方: にほんしょうけんくりありんぐきこう
英語名: Japan Securities Clearing Corporation
分類: マーケット|清算機関

日本証券クリアリング機構は、「JSCC」とも呼ばれ、日本取引所グループ子会社で、有価証券の売買、その他取引に係る清算業務、及びその付帯または関連業務を行う、日本の金融商品取引清算機関をいいます。2003年1月に日本で初めて、証券取引法に基づく「証券取引清算機関(現在の金融商品取引清算機関)」として、有価証券債務引受業(現在の金融商品債務引受業)の免許を受け、業務を開始し、それ以降、各市場で独立して行われていた現物取引の清算及び決済が、市場横断的な証券決済インフラである同社の下で統一化が図られることになりました。また、2004年2月には、東京証券取引所から先物・オプション取引に係る証券取引清算機関としての指定を受け、先物・オプション取引に係る金融商品債務引受業を行うことになりました。

現在、JSCCは、統一清算機関(清算・決済インフラ)として、効率性の向上と安全性の向上を常に心掛け、日々の業務を行っています。具体的には、国内における全ての証券取引所で成立した現物取引大阪取引所で成立した先物・オプション取引に係る清算業務の他に、私設取引システムにおける有価証券の売買や店頭デリバティブ取引及び国債店頭取引も清算業務の対象としており、債権債務の当事者となって決済の履行を保証する以外に、有価証券と決済資金の効率的な授受のためのネッティングを行った上で、証券・資金の決済機関に対して振替指図を行っています。