証券保管振替機構

読み方: しょうけんほかんふりかえきこう
英語名: Japan Securities Depository Center, Inc.
分類: マーケット|振替機構

証券保管振替機構は、「保振(ほふり)」とも呼ばれ、株式等振替制度を運営する、日本で唯一の振替機関をいいます。これは、株式等振替業務の他に、短期社債振替業務、一般債振替業務、投資信託振替業務、一般振替DVP業務、決済照合業務、外国株券等保管振替決済業務なども行っています。また、株式等振替制度とは、「社債、株式等の振替に関する法律」により、上場会社の株式等に係る株券等を全て廃止し、株券等の存在を前提として行われてきた株主等の権利の管理(発生・移転・消滅)を、本機構及び証券会社等に開設された口座において電子的に行うものです。

一般に証券取引においては、「売買(注文・約定)」が行われた後、約定決済に関する内容を関係者間で確認する「照合」、決済日に引き渡す証券と資金の金額等を決済当事者毎等に集約する「清算」といったプロセスを経て、最終的に証券及び資金の「決済」が行われますが、これら一連のプロセスの中で、本機構は、証券決済機関(CSD)として、「照合」、「清算」、「決済」に係るサービスを提供しています。