清算機関

読み方: せいさんきかん
分類: 清算機関

清算機関は、マーケット(市場)で成立した売買について、決済数量確定のための計算など決済を行うために必要な処理を行う機関をいいます。これは、市場参加者の中心に位置しており、複数の取引に伴う清算を集約することにより、最終的な資金の支払額や受取額を調整し、さらに金融機関が抱えている全体の債権・債務の関係も把握できます。

現在、欧米では、取引のインフラとして市場に定着しており、また日本では、証券会社や銀行、日本取引所グループなどが出資する組織である「日本証券クリアリング機構(JSCC)」があり、取引所取引(現物取引、先物・オプション取引)とOTC取引(国債店頭取引、CDS取引、金利スワップ)の清算業務を行っています。また、その他にも、商品取引所の清算業務を行っている「日本商品清算機構(JCCH)」があります。

一般に清算機関は、売買と決済の間に位置し、取引所等で成立した取引について、債務を引受け、ネッティング(差額決済)によって効率的に債務を圧縮した上で、決済機関に対して決済指図を行っています(複数の相手の取引を集約・相殺することで、払い込みに必要な金額を圧縮することができる)。また、市場で取引相手が破綻した場合でも、予め預けている証拠金を使って清算できるため、個別金融機関の破綻の影響が市場全体に波及する「システミックリスク」を防ぐことができます。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

フィンテックが身近に。世界水準の金融アルゴリズムを提供するロボアドバイザーに注目!