iFinancial TV(金融動画)>> YouTubeでチャンネル登録!

ネッティング

英語: Netting
分類: リスク管理

ネッティング(Netting)は、各種取引に伴う受取債権と支払債務を相殺し合い、債権・債務の差額である正味(ネット)額のみで「差金決済(差額決済)」することをいいます。

また、二者間で債権・債務を相殺するものを「バイテラル・ネッティング」、三者以上で債権・債務を相殺するものを「マルチラテラル・ネッティング」と言います。

目次:コンテンツ構成

ネッティングの活用について

ネッティングは、外国為替取引やデリバティブ取引、企業のグループ間取引などで活用されており、一定の期日に複数の当事者間で債権債務を相殺し、その差額を決済することにより、債権・債務関係を消滅させる手法(仕組み)となっています。

一般にネッティングを活用するメリットとして、送金手数料の削減、外国為替手数料の削減、事務コストの削減、決済資金の低減、為替リスクの低減、オペレーショナルリスクの低減などが挙げられます。

ネッティングの種類について

ネッティングの種類として、以下のものが挙げられます。

ペイメント・ネッティング

同じ決済日の複数の取引(債権・債務)を差し引きして、その差額のみを決済するもので、元々の債権・債務は変わらずに残り、決済金額だけが小さくなる。

オブリゲーション・ネッティング

「ノベーション・ネッティング」とも呼ばれ、同じ決済日、同じ通貨の複数の取引(債権・債務)を差し引きして、新しく一つの債権・債務を作るもので、元々の債権・債務はなくなり、新たな一つの債権・債務に換わる。

クローズアウト・ネッティング

取引の当事者が破綻や倒産などで決済不能な状態に陥った場合に、一括清算するために行われる。