東京レポ・レート

読み方: とうきょうれぽれーと
英語名: Tokyo Repo Rate(reference institutions average)
分類: 金利

東京レポ・レートは、正式には「東京レポ・レート(レファレンス先平均値)」と呼ばれ、日本の債券レポ市場(現金担保付債券貸借取引市場)の市場実勢を反映した指標レートをいいます。これは、日本銀行レポ取引における市場実勢の把握やレートの透明性向上により、市場参加者拡大や流動性向上に資するといった観点から、2007年10月29日から公表を開始したもので、その後、2012年10月29日以降の公表分から日本証券業協会が公表主体となっています。

現在、東京レポ・レートは、日本の短期金融市場において、コールレートや国庫短期証券利回り、TIBOR、CP気配などと共に、短期金利の指標の一つとなっています。なお、本データは、情報ベンダーにより配信されているほか、日本経済新聞(朝刊)のマーケット総合欄にも一部データ(翌日、1週間、1カ月)が掲載されています。

レポ・レートについて

レポ・レートとは、債券レポ取引における「取引レート」のことをいいます。具体的には、債券の借り手が借り入れた債券に対して貸借料を支払い、一方で債券の貸し手が受け入れた担保金に対して利息(金利)を支払い、その差額の料率(担保金金利-債券貸借料率)を指します。

東京レポ・レートの算出概要

東京レポ・レートは、レファレンス方式を採用し、レファレンス先から報告されたレートのうち、期間ごとに、上位15%及び下位15%に相当するものを除いた単純平均値を算出しています。(小数点第4位を四捨五入し、小数点第3位まで算出)

レートの対象取引

債券現先および現金担保付債券貸借の両方を一体的に対象とする。
・貸借銘柄を特定しない「GC(General Collateral)レポ」とする。
・銘柄後決めGCレポ(CCP利用)及びそれ以外のGCレポの両方を一体的に対象とする。

レートの定義

マーケットレート(レファレンス先が特定時点において市場実勢と考えるレート)の一本値とする。また、一本値は「オファー、ビッドの仲値」とし、標準的な取引ロットは、全期間について100億円とする(365日ベースのレート)。

レートの対象期間

翌日物、1W、2W、3W、1M、3M、6M、1Y

レートの基準時点

レファレンス先は、全ての期間について、午前11時時点のレートを報告する。

レートの報告時点

レファレンス先は、全ての期間について、1日1回、午前11時45分までにレートを報告する。