iFinancial TV(金融動画)>> YouTubeでチャンネル登録!

長期前受収益

読み方: ちょうきまえうけしゅうえき
分類: 勘定科目(B/S)

長期前受収益は、前受収益のうち、決算日(貸借対照表日)の翌日から起算して1年を超える期間を経て収益化されるものを管理するための勘定科目をいいます。

前受収益とは、一定の契約に従って継続して役務の提供を行う場合に、未だ提供していない役務に対して、当期に前もって支払いを受けた場合に使用する勘定科目で、具体的には、前受家賃や前受地代、前受利息、前受保険料、前受保証料などがあります。

一般に長期前受収益は、ワン・イヤー・ルール(一年基準)の適用を受け、貸借対照表(B/S)において、貸方の負債の部固定負債に計上されます。

 貸借対照表 > 負債 > 固定負債 > 長期前受収益

なお、毎年の決算において、長期前受収益の中で、決算日の翌日から起算して1年以内に収益となるものは、「前受収益」の勘定科目に振り替えて計上することになります。