火災保険の仕組みについて

日常生活の中で、火の用心は万全でも、隣の家からのもらい火で自宅が燃えてしまったら一体どうなるのでしょうか? 失火の責任に関する法律では、火元がもし軽過失であるなら、損害賠償責任は免除されることになっています。そのため、仮に火事に巻き込まれても、火元からの損害賠償だけで、家を元どおりにすることは非常に困難なのが現実です。このような事態(リスク)に対処するのが「火災保険」です。ここでは、火災保険の仕組みについて見てみましょう。

火災保険とは何か?

火災保険とは、火災や落雷、破裂や爆発、風水害などによって、建物や家財(事業用建物の場合は什器・備品)などに損害が生じた場合に、その損害をてん補する保険です。これは、対象とする建物の物件によって、「住宅物件」「一般物件」「工場物件」「倉庫物件」に分類され、それぞれに対応する保険の種類があり、補償範囲や補償内容はそれぞれ異なっています。

火災保険の対象となるものは?

一般に個人の住宅物件で、火災保険の対象となるものは、以下が挙げられます。

・建物や家財(生活用資産)などに発生した直接的な損害
・損害が発生した際に付随してかかる費用

火災保険の補償内容は?

一般に個人の住宅物件で、火災保険から支払われる保険金には、大きく分けて「損害保険金」と「費用保険金」の2つがあります。

|損害保険金

火災などによって、建物や家財などに生じた「直接的な損害」に対して支払われる(火災、落雷、破裂・爆発、風災、落下・衝突、水漏れ、水災・・・)

|費用保険金

火災などに伴って発生する「費用」に対して支払われる(臨時費用、跡片付け費用、失火見舞費用、傷害費用、引越費用、修理付帯費用・・・)

火災保険の種類は?

一般に個人の住宅物件で、基本となる火災保険には、以下のようなものがあります。

|住宅火災保険

建物と家財を対象とした保険(火災、落雷、破裂、爆発などが対象)

|住宅総合保険

建物と家財を対象とした総合保険。住宅火災保険よりカバー範囲が広い(衝突、水漏れ、盗難、水災なども対象)

|長期総合保険

住宅総合保険とほぼ同様の損害を補償する積立保険。保険期間は3・5・10年など。満期返戻金あり(保険金額の10%相当額など)

|団地保険

団地やマンションなどの居住者が対象の保険。物保険、費用保険、傷害保険、賠償責任保険がセット。物保険と費用保険は、住宅総合保険とほぼ同じ。