制度信用銘柄

読み方: せいどしんようめいがら
分類: 銘柄

制度信用銘柄は、株式の制度信用取引を行うことができる銘柄をいいます。

具体的には、内国上場株式のうち、証券取引所が定める制度信用銘柄選定基準を満たした銘柄として選定されたもので、現在、その選定については、新規上場銘柄に関しては、上場の都度、既に上場している銘柄に関しては、各決算期ごとに証券取引所が毎月行っています。

※制度信用取引:証券取引所の規則により、品貸料や決済(弁済)期限、権利処理方法などの取扱いが予め定められた信用取引。

一般に制度信用銘柄は、証券金融会社から信用取引のための融資貸株を受けられる「貸借銘柄」と、融資のみを受けられる「非貸借銘柄」に分類され、どちらも信用買いは可能ですが、信用売り(空売り)は貸借銘柄に限られます。

なお、制度信用銘柄ではない上場株式に関しては、制度信用取引はできませんが、一方で証券会社が弁済期限や品貸料などを定める銘柄については、一般信用取引が可能となっています。