日々公表銘柄

読み方: ひびこうひょうめいがら
分類: 銘柄

日々公表銘柄は、証券取引所(金融商品取引所)が信用取引の過度の利用を未然に防止するために、一定のガイドラインを設けて、当該基準に該当した銘柄について、信用取引残高の公表を毎日行っているものをいいます。これは、株式市場が過熱ぎみの時に、取引規制の対象となる「投機的な値動きを繰り返す銘柄」を指します。

現在、日々公表銘柄の基準については、残高基準や株価基準、売買高基準などがあり、通常の銘柄の信用取引残高の公表が週一回なのに対して、公表が毎日行われています。また、これに該当した銘柄でも信用取引が沈静化されると解除されますが、一方でなかなか沈静化されない(さらに過熱化する)場合は、委託保証金率の引上げなどの規制措置を受ける「規制銘柄」に指定されることになります。

なお、資本金300億円以上の企業で信用取引残高を毎日公表する必要がないと判断される場合には、日々公表銘柄の適用除外とされます。

※日々公表銘柄は、かつては「注意銘柄」と呼ばれていた。