整理銘柄

読み方: せいりめいがら
分類: 銘柄

整理銘柄は、金融商品取引所(証券取引所)において、上場廃止を決定した上場有価証券に割り当てる特別な取り扱いのことをいいます。

現在、証券取引所において、上場有価証券の上場廃止が決定された場合、上場廃止までの一定期間(上場廃止が決定された翌日から上場廃止日の前日まで、原則として1カ月間)、投資家に売買の機会を与えるために「整理銘柄」へ指定し、その事実を市場で周知徹底させ、投資家が整理売買を行うことができるようにしています(この期間は、新たな信用取引を行うことはできない)。

なお、上場廃止基準については、東京証券取引所の場合、株主数や流通株式(流通株式数、流通株式時価総額、流通株式比率)、時価総額債務超過、虚偽記載又は不適正意見等、売買高などの項目で具体的に指定されています。

監理銘柄(審査中)や監理銘柄(確認中)へ指定することなく、整理銘柄に指定するケースもある。
※監理銘柄(審査中)や監理銘柄(確認中)、整理銘柄に指定しないで上場廃止となるケースもある。