絶対期日

読み方: ぜったいきじつ
分類: 信用取引

絶対期日は、制度信用取引において、6カ月後の決済日のことをいいます。また、信用取引とは、投資家が証券会社に担保として委託保証金を差し入れて、信用の供与を受けて(資金や株式を借りて)売買する取引をいいます。

一般に制度信用取引では、信用買いでも信用売りでも、決済までの期間は売買が成立した日から最長6カ月間と決まっており、絶対に期日(最終日)までに決済しなくてはなりません。また、その決済方法には、反対売買の「転売」または「買戻し」による「差金決済」と、貸付代金を渡して株式を受取る「現引」または売り付けた株式等を提供し代金を受取る「現提」による「現物決済」があります。

なお、取引銘柄に上場廃止や合併・併合などがあった場合は、絶対期日に限らず、決済が繰り上げられる場合もあります。