委託証拠金(委託保証金)

読み方: いたくしょうこきん
英語: Margin Requirement
分類: 資産管理

委託証拠金は、「委託保証金」とも呼ばれ、信用取引や先物・オプション取引、外国為替証拠金取引、CFD取引などを投資家が行う際に、証券会社等に差し入れなければならない現金(担保)をいいます。

また、運用面で「建玉」を建てる際に、その建玉の大きさに対して必要となる委託証拠金の割合を「委託証拠金率」と言います。

目次:コンテンツ構成

委託証拠金の仕組みについて

委託証拠金の仕組みは、取引対象によって異なりますが、例えば、株式の信用取引の最低委託証拠金は約定価格の30%以上(最低必要な委託証拠金率は30%以上)となっています。

また、会社によっては、現金の代わりに有価証券(株式・国債・地方債・上場会社の発行する社債等)で代用できるところもあり、この場合は一定の代用掛目を掛けたものが委託証拠金の額となります。

証拠金取引の注意について

信用取引や先物・オプション取引、外国為替証拠金取引、CFD取引など、証拠金(保証金)を担保にした取引では、高いレバレッジを掛けられる(大きなポジションを持てる)ため、ハイリスク・ハイリターンの取引が可能ですが、一方で相場の予想外の急変時等には大きな損失を被り、追い証(追加の証拠金)の差し入れを迫られることもあるので注意が必要です。