独歩高

読み方: どっぽだか
分類: 高安

独歩高は、マーケット全般で使われる用語で、相場全体が低迷している(下げ相場)にもかかわらず、ある銘柄だけが高いことをいいます。通常、このような動きは、ある銘柄に好材料が出て、かなり買われたりする場合や、また相場が停滞して商い閑散な時に、探りを入れるための打診買いが入った場合などに起きたりします。

<本用語の使用例>

・○○は、業績好調の独歩高銘柄として買い人気が続いている
・円は他通貨に対しても買われ、独歩高の流れが強まっている