打診買い

読み方: だしんがい
分類: 売買

打診買いは、マーケット全般で使われる用語で、市場の反応を探るために小口の買い注文を出すことをいいます。これは、相場が停滞している時や、相場の重要な節目レンジブレイクしそうな局面)などで出される買い注文を指し、市場の反応が良ければ、その後、強気の注文を出していくことになります。

なお、本用語とは反対(逆)に、市場の反応を探るために小口の売り注文を出すことを「打診売り」と言います。

<本用語の使用例>

・好業績を背景に相場の先高期待が根強いなか、打診買いが入った
・100円台にかけては、シンガポール勢などが朝方から打診買いを入れてきた
・心理的な節の300円まで下落したことで、打診買いや値頃感からの買い物が入った