固定金利

読み方: こていきんり
分類: 金利・利息

固定金利は、文字通り、固定された"一定の金利"のことで、当初の金利(利率)が適用期間中ずっと続くものをいいます。これは、預金公社債ローンなどにおいて、満期償還日、最終返済日までの全期間を通じて、一定の利率が適用されるものを指します。

また、固定金利に対して、その時々の金利情勢によって、定期的に適用利率が変動するものを「変動金利」と言います。通常、どちらの金利水準についても、その時々の金融市場(マーケット)動向を反映して決定されます。

なお、金融商品において、運用商品でもローン商品でも、大きく分けて「固定金利タイプ」と「変動金利タイプ」の2つがあり、固定金利タイプには以下のような特色があります。

●運用商品(固定金利タイプ)

定期預金固定利付債国債地方債普通社債・・・)などがあり、これらは高金利時に預入すると有利な一方、低金利時にはあまり魅力がない。

●ローン商品(固定金利タイプ)

低金利時に固定金利タイプを選択すると、低い金利で長期間固定されるため、将来の金利上昇リスクに備えることができる。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。