流動性預金

読み方: りゅうどうせいよきん
分類: 概念

一般に預金とは、銀行信用金庫信用組合労働金庫などの金融機関が取り扱っている商品で、預けた資金に対して、金融機関が将来の元本の支払いを保証するものをいい、大きく分けて「流動性預金」と「定期性預金」に区分されます。

この区分の中で、流動性預金は、預入期間の定めが特になく、預金者からの払戻請求により、いつでも自由に出し入れができるものをいいます。具体的には、普通預金決済用普通預金当座預金貯蓄預金通知預金などがあり、通常、日常生活や日常業務に必要な資金、緊急時のための準備資金、一時的な運用資金の預入先として利用されることが多いです。また、流動性預金に対して、予め預入期間が定められたものを「定期性預金固定性預金)」と言います。

現在、日本においては、預金保険制度によって、当座預金や利息の付かない普通預金等(決済用預金)は全額保護され、また定期預金や利息の付く普通預金等(一般預金等)は、預金者1人当たり、1金融機関毎に合算され、元本1,000万円までとその利息等が保護される仕組みとなっています。

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。