土地

読み方: とち
分類: 土地

土地は、陸地や大地、土壌(耕地などの土)、地所(所有地)、その地域(地方)のことなどをいいます。これは、民法上は、物権の客体で不動産に分類され、人による利用や所有の対象として捉えられた場合の陸地を意味します。具体的には、一定の範囲や面積を有するもので、池沼や河川などを含めていうこともあり、その所有権は地上と地下に及びます。また、土地の用途による区分のことを「地目」と言い、不動産登記法でその種類が定められています。

なお、土地は、経済学上は、資本・労働・経営と共に、付加価値を生み出す生産要素の一つとされ、資産としては有形固定資産に分類されます。