袋地

読み方: ふくろじ、ふくろち
分類: 不動産|土地

袋地は、「無道路地」とも呼ばれ、道路(公道)に接していない土地で、他(他人)の土地に囲まれて、公道に通じていない土地のことをいいます。これは、他の土地に囲まれ、私道によって公道に通じている敷地であり、また不動産業界においては、道路との間に細い路地状の部分を持ち、主たる敷地の大部分が道路と接していないような土地も含みます。

一般に袋地の所有者は、他人の土地(囲繞地)を通らなければ公道に出られないため、他人の土地を通って通行する権利が民法で認められています(この通行権は、袋地の賃借人にも認められる)。ただし、どこでも好きなように通行できるという訳ではなく、「通行者にとって必要な限度」や「通行される側にとって損害がないように」などといった条件が付けられます。

なお、袋地の所有者は、囲繞地を通行することにより、囲繞地の所有者から通行料を請求されることもあり、また万が一損害を与えた場合には、賠償金を支払わなければなりません。