土地賃借権

読み方: とちちんしゃくけん
分類: 権利

土地賃借権は、土地賃貸借契約に基づいて、土地を賃借する権利のことをいいます。これは、民法第601条(賃貸借)に規定する賃貸借契約により設定される権利で、賃借人が賃貸人の土地(地下または空間を含む)を使用収益することを内容とするものです。

一般に借地権といった場合、建物所有を目的とする「地上権」と「賃借権」の双方を意味します。前者の地上権は、土地所有者と地上権の設定契約を締結し、その土地を直接的に支配し利用することができる権利で、地上権者は土地所有者の承諾なしで譲渡または賃貸することができます。一方で、後者の賃借権は、地上権とは異なり、売却や転貸、建替の際には土地所有者(地主)の承諾が必要になり、また売却や建替の承諾を得るには、借地権価格の1割程度の承諾料を支払うのが一般的となっています。

<土地賃借権と地上権の違いについて>

・土地賃借権は債権であるのに対して、地上権は物権
・土地賃借権は、地主の承諾を得なければ、他人に譲渡することができない
・土地賃借権は、ほとんどの場合、土地登記簿に登記されていない