要役地

読み方: ようえきち
分類: 土地

要役地は、地役権の行使によって「便益を受けている側の土地」のことをいいます。これは、地役権が設定されている場合において、利便性を高めようとする土地のことを指します。

民法によると、地役権とは、自己の土地の便益のために、他人の土地を供し得る物権であるとされ、一般に土地がこのような関係にある場合、自分の土地を「要役地」、他人の土地を「承役地」と言います。通常、要役地と承役地は、必ずしも隣接していることを要せず、また地役権は、承役地の所有者が変わっても主張することができます。

例えば、他人の土地を通行するための「通行地役権」、他人の土地を利用して水を引くための「引水地役権」、眺望を確保するための「観望地役権」などで、これらの地役権を設定・行使して、実際の便益を得る側の土地が「要役地」となります。