地上権

読み方: ちじょうけん
分類: 権利

地上権は、建物や工作物を所有する目的で、他人の土地を使用する権利のことをいいます。これは、民法では「地上権者は、他人の土地において工作物又は竹木を所有するため、その土地を使用する権利を有する」と規定しており、用益物権(他人の土地を利用する権利)の一つとなっています。また、地上権の範囲には、その土地の地下や空間まで含まれるため、地下を利用する地下鉄や上空を利用する高架線などにも対応し、地下に「地権」や空間に「空中権」と呼ばれるものを設定することができ、昨今、都市の立体的かつ重層的な利用が進む中で、重要な権利として注目されています。

一般に地上権は、土地所有者(地主)との契約で設定され、地代を支払う義務はありますが、地主の承諾なしで、その権利を自由に売買したり、転貸したり、建て替えたりすることが可能となっています。また、地上権で建物を所有する場合は、借地権として借地借家法の保護を受けます。なお、日本において、地上権は賃貸借と比較して地主にとって不利益なため、現在、純粋な地上権は少なく、土地利用契約のほとんどが賃貸借契約となっています。

地上権者の権利と義務について

・権利:土地使用権、地上権の処分権
・義務:地代支払義務、工作物等の収去義務(権利消滅時など)

地上権と土地賃借権の違いについて

・地上権は物権であるのに対して、土地賃借権債権
・地上権は地主の承諾がなくても、他人に譲渡・転貸が可能
・地上権を設定した地主には登記義務があるため、地上権は土地登記簿に登記されているのが一般的