建物譲渡特約付借地権

読み方: たてものじょうととくやくつきしゃくちけん
分類: 不動産|借地権

建物譲渡特約付借地権は、借地借家法に基づく定期借地権の一つで、借地権の存続期間を30年以上に設定し、契約期間終了後に地主が借地人から建物を買取ることで、借地権が消滅する借地契約をいいます(借地借家法第24条)。これは、契約面において、(1)借地人は設定から30年以上を経過した日に借地上の建物を地主に相当の対価(時価)で譲渡する、(2)建物の譲渡がなされたことによって借地権が消滅する、といったことが主なポイントとして挙げられます。(書面による契約は不要)

なお、借地借家法とは、1992年に施行された、建物の所有を目的とする地上権土地賃貸借(借地契約)と、建物の賃貸借(借家契約)について定めた特別法のことをいいます。

●存続期間

30年以上

●利用目的

用途制限なし

●契約方法

30年以上経過した時点で、建物を相当の対価で地主に譲渡することを特約する。(口頭でも可)

●借地関係の終了

建物の譲渡による

●契約終了時の建物

・建物は地主が買取る
・建物は収去せず土地を返還する
・借地人または借家人は継続して借家として住まうことができる