法面/法地

読み方: のりめん
分類: 土地

法面は、「法地」とも呼ばれ、切土盛土によって作られた傾斜面をいいます。これは、造成地や道路、山林、ダム、河川の築堤工事などで、切土や盛土をすることによってできた土の傾斜面のことを指します。また、山の斜面などを切り取ってできた新たな斜面のことを「切土法面」、土を盛ってできた新たな斜面のことを「盛土法面」と言います。通常、地盤の弱い敷地などの場合や、急傾斜地の崩壊による災害や地すべり等の危険がある場合は、コンクリートの擁壁などで補強する必要があります。

一般に法面は、個人の住宅においては、宅地として利用できない傾斜部分ですが、実際の宅地売買の対象面積にはこれも含まれるため、法面のある土地を購入する場合には、平坦部分の面積がどの程度なのかを予め確認する必要があります(現地の目視確認も必須)。なお、不動産広告では、土地面積のおよそ30%以上が傾斜地の場合、または傾斜地を含むことで土地利用が著しく阻害される場合は、「傾斜地を含む旨とその面積」を明示しなければならないことになっています。