深セン証券取引所(SZSE)

読み方: しんせんしょうけんとりひきじょ
英語名: Shenzhen Stock Exchange (SZSE)
分類: マーケット|海外取引所

深セン証券取引所は、「深セン証券交易所(深交所)」とも呼ばれ、中華人民共和国(中国)の広東省の深セン市にある証券取引所をいいます。これは、1990年に設立され、中国証券監督管理委員会が直接管理する非営利法人となっており、その取引時間は、前場が9:30-11:30(日本時間10:30-12:30)、後場が13:00-15:00(日本時間14:00~16:00)となっています。

現在、中国株のマーケットは、本土市場と香港市場の二本立てとなっており、前者の本土市場に属するのが深セン証券取引所で、そこで取引される株式には、人民元で決済される「A株(A Share)」と香港ドルで決済される「B株(B Share)」の2種類があり、A株については、「Main Board」と「SME Board」と「ChiNext」があります(もう一つの本土市場は上海証券取引所)。また、本取引所の代表的な株価指数には、「深セン成分指数(SZSE Component Index)」や「深セン総合指数(SZSE Composite Index)」などがあります。