シンガポール取引所(SGX)

読み方: しんがぽーるとりひきじょ
英語名: Singapore Exchange (SGX)
分類: マーケット|海外取引所

シンガポール取引所(SGX)は、東南アジアのシンガポールにある総合取引所をいいます。これは、1999年12月に「シンガポール国際金融取引所(SIMEX:Singapore International Monetary Exchange)」と「シンガポール証券取引所(SES:Stock Exchange of Singapore)」の合併により設立されたもので、現物取引とデリバティブ取引の両方を取り扱っています。(前身のSIMEXは、1984年にアジア初の金融先物取引所として取引を開始し、その後、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)と同一の制度・規則に改組し、CMEとの相互決済が可能となった)

現在、シンガポール取引所(SGX)では、持株会社である同社の傘下で現物取引を取扱う「SGX-ST(Singapore Exchange Securities Trading Limited)」と、デリバティブ取引を取扱う「SGX-DT(Singapore Exchange Derivatives Trading Limited)」が運営され、その清算機関に関しては、現物市場は「CDP(The Central Depository (Pte) Limited)」が、デリバティブ市場は「SGX-DC(Singapore ExchangeDerivatives Clearing Limited)」が担っています。また、その取扱商品には、Securities(株式、ワラント、REIT、ETF、ETN、ステープル証券他)、Derivatives(株価指数、外国為替、金利他)、Fixed Income、Commodities(ゴム、エネルギー、電力、金他)などがあり、日経225の先物・オプションなども上場されています。

世界の主要取引所間での国際競争が激しくなる中、SGXは様々な規制緩和や大胆な改革を実施し、世界的な取引所を目指しています。また、アジア各国をはじめ、欧米やオーストラリアなど海外の取引所との関係強化にも熱心で、アジア市場と欧米市場をつなぐ「重要な金融センター」として世界的にも存在感を増しています。