銀行間取引金利

読み方: ぎんこうかんとりひききんり
分類: 金利

銀行間取引金利は、インターバンク市場(銀行間取引市場)で銀行同士が日々の資金を融通し合う際の取引金利のことをいいます。

現在、日本においては、「無担保コール翌日物金利」や「TIBOR」などが代表的な金利となっており、また米国においては、「フェデラルファンド・レート(FF金利)」が代表的な金利となっています。

銀行間取引金利の仕組み

銀行は、預金などで集めた資金を融資(貸出)などで運用しますが、全体として必要な資金が不足する日もあれば、余裕が生じる日もあり、日々資金繰りを調整する必要があります。

この場合、資金を市場で運用したい銀行はより高めの金利を求める一方で、資金を市場から調達したい銀行はより低い金利を求める中、その時々の資金の需給関係によって「銀行間取引金利」が随時成立します。

金融危機時の銀行間取引金利

2008年から2009年に起こった世界的金融危機では、金融機関の信用不安から銀行間取引市場が一時機能しなくなり、銀行間取引金利が急上昇しました。

その背景として、運用側は、調達側(相手先)が経営破綻すれば資金が戻ってこなくなる懸念(不安)があり、その不安が大きく高まって市場に疑心暗鬼を呼び、その結果、金利は大きく上昇することになりました。