上海銀行間取引金利(SHIBOR)

読み方: しゃんはいぎんこうかんとりひききんり(しゃいぼー)
英語名: Shanghai InterBank Offered Rate
分類: マーケット|金利

上海銀行間取引金利は、「SHIBOR」とも呼ばれ、中華人民共和国(中国)の上海市場(短期金融市場)の銀行間取引金利のことをいいます。これは、2007年に中国の中央銀行である中国人民銀行が導入した取引金利で、その種類には、翌日物、1週間物、2週間物、1カ月物、3カ月物、6カ月物、9カ月物、1年物があり、中国の銀行間取引金利の指標となっています。その中でも、日本(東京市場)と同様、翌日物が取引の大半を占めています。

現在、上海市場の短期金利取引には、国内外の商業銀行や中国系政策銀行、資産管理会社、年金基金など多くの金融機関や組織が参加し、短期資金の貸し借りが日々行れ、また中国人民銀行が本市場を管理し、その決済は電子取引で行われています。ちなみに、中国政府が金融引締策(緩和策)を実施すると、その効果が本市場に波及することになります。