公定歩合

読み方: こうていぶあい
英語名: Official discount rate
分類: 金利

公定歩合は、中央銀行民間金融機関(市中銀行)に対して貸出を行う際に適用する基準金利のことをいいます。これは、日本において、一昔前は、日本銀行市中銀行に貸出(信用供与)を行う場合に適用する基準金利を意味していましたが、今日では、法律に規定された用語ではなく、日本銀行法で規定されている「基準となるべき割引率(基準割引率)」および「基準となるべき貸付利率(基準貸付利率)」のことを総称したものとなっています。

その昔、1990年代前半までの規制金利時代には、預金金利借入金利などの各種金利が公定歩合に連動していたため、金融政策の基本的なスタンスを示す代表的な政策金利として、市場において「コスト効果」や「アナウンスメント効果」、「流動性効果」をもたらしていました。一方で、21世紀に入って金利自由化の完了後は、各種金利は金融市場における裁定行動によって決まるようになり、また公定歩合は、2001年に導入された補完貸付制度(ロンバート型貸出制度)の適用金利として、日本銀行の金融市場調節における操作目標である無担保コール翌日物金利の上限を画する役割を担うようになりました。

そして、2006年8月11日に日本銀行は、時代の変化(公定歩合が政策金利としての意味合いが薄れたこと)を踏まえ、「公定歩合」に関する統計の名称変更を行い、今後は「公定歩合」に替えて「基準割引率および基準貸付利率」と呼ぶとしました。なお、日本銀行のウェブサイトには、1973年からの本レートの推移の表が掲載されています。

※ロンバート型貸出制度:予め明確に定めた条件のもと、金融機関からの借入申込みを受けて受動的に実行する貸付制度。