投資

読み方: とうし
英語名: Investment
分類: 概念

投資は、世の中で広く使われる言葉で、国語辞書では「利益を得る目的で、事業や不動産、証券などに資金を投下すること(転じて、将来を見込んで金銭や力を投入すること)。経済学で、一定期間における実物資本の増加分(設備投資・建設投資・在庫投資の三種に分類)」と記されています。

一般に投資は、資産運用において、投機ほどではありませんが、リスクは常に存在し(伴い)、リスクは投資対象によって大きく異なります。また、投資がうまくいった時は、そのリスクに見合ったリターンがあり、その収益性は預貯金国債などの安全性資産での運用と比べて遥かに大きく、そこが投資の大きな魅力となっています。

投資と投機の違い

投資は、利益を得る目的で、事業や不動産、有価証券、通貨、コモディティなどに資金を投下して、中長期の視点で収益を期待する(得る)ことをいうのに対して、投機は、短期的な価格変動に注目して、短期的な利鞘の獲得を主な目的とした資産の運用取引をいいます。

個人の投資について

個人に関する「投資」を簡単に説明するなら、中長期の視点で、株式債券投資信託REIT変額年金保険外貨預金外国債券などの「金融資産」、プラチナ不動産などの「実物資産」に資金を投入して、中長期のスパンで収益(インカムゲインキャピタルゲイン)を得ることを目的とした経済活動(資産運用)と言えます。