NYダウ

英語名: Dow Jones Industrial Average
分類: 株価指数(米国)

NYダウ(ニューヨークダウ)は、「ダウ平均」や「ダウ工業株30種」とも呼ばれ、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが算出・公表する、アメリカ合衆国の代表的な株価指数をいいます。これは、米国を代表する優良企業30社のパフォーマンスを測定することを目指す株価加重指数で、その対象銘柄には、輸送および公共事業以外の全ての業種を網羅しています。

1896年に算出を開始して以来、NYダウは、米国を代表するニューヨーク株式市場の重要な株価指標となっており、現在、「S&P500」や「ナスダック総合指数」と共に、米国株の代表的な株価指数として、世界中で常に注目されています。

目次:コンテンツ構成

NYダウの概要

NYダウは、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが算出・公表する、輸送および公共事業を除く、主要業種の代表的な30の優良銘柄で構成される平均株価指数をいいます。

・米国を代表する優良企業30社で構成される
・値がさ株(株価の高い銘柄)の影響を受けやすい
・銘柄数が少なく、個別銘柄の影響を受けやすい

指数の算出

1896年5月26日の誕生から、単純に株価を株数で割った値を使用していますが、長い歴史の中で、その連続性を確保するために、除数だけが変化しています。また、銘柄の入替は、算出会社とウォール・ストリート・ジャーナルの代表者から編成される指数委員会によって行われています。

・算出開始日:1896年5月26日
・基準日:1896年5月26日
・基準価額:40.94ドル
・ウェイト付け:株価加重方式

指数の沿革

1896年に指数の算出が始まった時は、銘柄数が12種で、それが1916年に20種となり、現在の30種になったのは1928年で、それ以降、その数は変更されていません。また、1896年の初値で40.94ドルをつけて以来、その120年を超す歴史の中で、長い間、世界の株式市場を代表する株価指標の地位を保っています。

・史上最高値(終値):27,359.16(2019/7/15)
・史上最安値(終値):28.48(1896/8/8)
・最大上昇幅:+1,086.25(2018/12/26)
・最大上昇率:+15.34%(1933/3/15)
・最大下落幅:-1,175.21(2018/2/5)
・最大下落率:-22.61%(1987/10/19)

NYダウの構成銘柄(2019年9月)

・3M(スリーエム)-化学
・American Express(アメリカン・エキスプレス)-金融
・Apple(アップル)-IT
・Boeing(ボーイング)-航空機
・Caterpillar(キャタピラー)-重機
・Chevron(シェブロン)-石油
・Cisco Systems(シスコシステムズ)-情報通信
・Coca-Cola(コカ・コーラ)-飲料
・Dowt(ダウ)-化学
・Exxon Mobil(エクソンモービル)-石油

・Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)-金融
・Home Depot(ホーム・デポ)-小売
・IBM(International Business Machines)-IT
・Intel(インテル)-半導体
・Johnson & Johnson-ヘルスケア
・JPMorgan Chase and Co.(JPモルガン・チェース)-金融
・McDonald's(マクドナルド)-外食
・Merck & Company(メルク)-医薬品
・Microsoft(マイクロソフト)-ソフトウェア
・Nike(ナイキ)-その他製品

・Pfizer(ファイザー)-医薬品
・Procter & Gamble(P&G)-日用品
・Travelers(トラベラーズ)-保険
・UnitedHealth Group(ユナイテッド・ヘルス)-保険
・United Technologies Corp. -航空・宇宙・防衛
・Verizon(ベライゾン)-通信
・Visa(ビザ)-その他金融
・Walmart(ウォルマート)-小売業
・Walgreens Boots Alliance-小売業
・Walt Disney(ウォルト・ディズニー)-娯楽・メディア

NYダウの使用例

「NYダウ」という用語は、その分かりやすさから、新聞(ニュース)やマーケット情報の見出し、商品名の一部などでよく使われています。

<ニュースでの用例>

・NYダウは59ドル高と6日ぶりに反発
・NYダウ大幅続落、日経平均一時250円超下げ
・NYダウ、反落=決算不振の企業に売り

NYダウを対象とした金融商品:日本で取引可能なもの

現在、日本において、NYダウを取引できる金融商品として、インデックスファンド(追加型株式投資信託、ETF)、CFD、国内先物、海外先物などがあります。その中でも、インデックスファンドは、米国株への身近な投資対象となっています。

<東京証券取引所に上場するNYダウのETF>

・Simple-X NYダウ・ジョーンズ・インデックス上場投信
・NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価連動型上場投信

S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスについて

S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス(S&P Dow Jones Indices)は、2012年7月にS&Pインデックスとダウ・ジョーンズ・インデックスが統合し、世界最大の金融市場指数のプロバイダーとなりました。(S&PグルーバルとCMEグループの合弁会社)

現在、旗艦指数であるS&P500およびダウ平均から、株式や債券、コモディティ、不動産、戦略型、スペシャルティまで、世界中の様々な資産クラスや戦略をカバーする多彩な指数を提供しており、また投資家が市場を測定・取引する方法を継続的に定義しています。