信用組合(信組)

読み方: しんようくみあい
分類: 金融機関

信用組合は、「信用協同組合」の略称で、「信組(しんくみ)」とも呼ばれ、「中小企業等協同組合法」と「協同組合による金融事業に関する法律」を設立根拠法として、中小零細事業者や生活者のための金融を担う協同組織金融機関をいいます。これは、利用者である中小零細事業者や生活者が構成員(運営者)となり、営利を目的とせず、相互扶助の理念に基づき、金融サービスを提供しており、同じ金融機関であっても株主の利益を追求する株式会社組織の銀行とは目的を異にしています。また、同じく協同組織金融機関である信用金庫との大きな違いは、信用組合が地域・業域・職域という様々なコミュニティを基盤とする金融機関なのに対して、信用金庫は広域をエリアとする金融機関となっています。

一般に信用組合は、地域の人々によって組織・運営されている、相互扶助の精神をいかした「コミュニティバンク(地域密着型金融機関)」であり、組合員の利益を第一に考えることを活動の基本としています。なお、信用組合は、預金保険制度の対象金融機関であり、預金保険機構に対して、預金や定期積金の額に応じた保険料を納付しています。

信用組合の目的

信用組合の目的は、組合員の方や地元の方の発展に貢献することであり、日々の営業の中で得た利益の使い途については、
1.地元をはじめ社会の発展のために納める税金
2.組合員の方への配当
3.信用組合が将来も皆さまの役に立つ活動を行う
の三つに分けられ、営利を目的としていません。

信用組合の業態

信用組合は、組合員制度による協同組合組織の金融機関のため、制度・運用の面で独自の性格を備えており、以下の3つの業態があります。また、融資対象は組合員を原則としていますが、組合員以外への融資も認められており、預金は組合員以外からも利用されています。

●地域信用組合

信用組合の営業エリアに住む方や事業を営む方を組合員とする信用組合(最も数が多く代表的な業態)。通常、営業地域は広いもので県下一円で、大部分の信用組合は、もっと狭い地域で営業を行っている。

●業域信用組合

同じ事業を営む方を組合員とする信用組合。

●職域信用組合

同じ職場に勤める方を組合員とする信用組合。

信用組合の中央機関と系統金融機関

信用組合には、全国ネットをサポートする中央機関と系統金融機関があります。

●全国信用組合中央協会(全信中協)

全国の信用組合の意思を代表して、業界の利益を図っていく中央機関。信用組合の組織や業務のより一層の拡充を目指している。

全国信用協同組合連合会(全信組連)

全国の信用組合を会員とする系統中央金融機関。信用組合の信用力、業務機能および各種金融サービス等を強力にサポートしている。