株主資本

読み方: かぶぬししほん
英語名: Shareholder's Equity
分類: 財務諸表/貸借対照表

株主資本は、「自己資本」とも呼ばれ、貸借対照表(B/S)の「純資産の部」において、資本金や資本剰余金、利益剰余金自己株式などから構成される項目をいいます。

その昔、2006年の会社法の施行以前は、株主資本は「資本の部」の金額のことを指し、資本=自己資本=株主資本という関係が成り立ち、資本金法定準備金剰余金などから構成されていました。しかしながら、2006年の会社法の施行後は、「資本の部」に代わり「純資産の部」となったことにより、その構成項目が変わったため、株主資本は、評価・換算差額等、新株予約権、非支配株主持分(少数株主持分)と共に、「純資産の部」の一つの構成項目となりました。

現在、株主資本の状況は、貸借対照表の「純資産の部」の一会計期間における変動額のうち、主として、株主に帰属する部分である株主資本の各項目の変動事由を報告するために作成される決算書である「株主資本等変動計算書」に表示されています。