法定準備金

読み方: ほうていじゅんびきん
分類: 財務諸表/貸借対照表

法定準備金は、法律により、株式会社に積み立てを強制している準備金をいいます。これは、「資本準備金」と「利益準備金」から構成されており、その目的は資本欠損の填補であり、資本金と共に配当に利用することは原則として禁じられています。(会社法では、資本準備金と利益準備金を区別せずに、単に「準備金」と総称している)

一般に会社において、法定準備金が多いということは、財務の健全性の面で望ましいことであると言えます。また、準備金として、法定準備金の他に、配当可能利益の中から、定款または株主総会の決議により会社が任意に積み立てる「任意準備金(積立金)」もあります。

資本準備金について

資本準備金は、株式会社において、株主から払い込まれた金額のうち、資本金に組み入れられなかった部分の金額が積み立てられたものをいいます。また、これ以外にも、株式交換株式移転会社分割合併による差益も資本準備金に積み立てられます。

利益準備金について

利益準備金は、会社が稼得した利益の内、社内で留保すべきとして規定されているものをいいます。これは、株主に対して剰余金の配当を行う場合、その10分の1以上を積み立てなければならないとされており、また積み立てなければならない限度額は、利益準備金と資本準備金の合計額で資本金の4分の1に達するまでとなっています。