少数株主持分

読み方: しょうすうかぶぬしもちぶん
英語名: Minority interests
分類: 財務・会計|貸借対照表

少数株主持分は、企業の連結会計において、ある子会社自己資本のうち、親会社が所有していない部分(少数株主の持ち分)のことをいいます。これは、企業の連結決算(連結財務諸表)において、親会社以外の株主が存在する子会社の財務諸表を連結する場合に生ずる固有の勘定科目で、資本の部と負債の部の中間に独立して表示されることになっています。(純資産の一部として表示されるが、株主資本には含まれない)

一般に親会社が子会社に対して100%の株式を出資している場合は、その子会社の資本の勘定は全て親会社に帰属するものとみることができますが、親会社が子会社に対して部分的にしか出資していない場合には、その子会社の資本の勘定は、「親会社に帰属する部分」と「親会社以外の株主(少数株主)に帰属する部分(少数株主の持ち分)」に分かれることになります。