マネックス証券(MONEX)

マネックス証券(MONEX)は、グローバルなオンライン金融機関グループであるマネックスグループ(Monex Group)のオンライン証券会社です。1999年に設立されたマネックス証券と日興ビーンズ証券が母体で、その後、両社の統合や他社との合併を経て、大手ネット証券の一つへと成長しました(2004年に持株会社を設立)。

現在、マネックス証券では、顧客のニーズに合った様々な金融商品を取り揃えており、またレポートやロボアドバイザー、ラップ(投資一任)サービスなど、AIやフィンテックを活用した先進的なサービスの提供も進めています。

マネックス証券およびマネックスグループの沿革

マネックス証券は、設立以来、多くの顧客の支持を得て、大手ネット証券へと成長しました。

・1999年:母体となるマネックス証券と日興ビーンズ証券が設立
・2000年:マネックス証券が東証マザーズに上場
・2001年:マネックス証券がセゾン証券と合併
・2004年:共同持株会社のマネックス・ビーンズ・ホールディングスを設立
・2005年:マネックス・ビーンズ証券を設立。その後、マネックス証券に商号変更
・2007年:外国為替証拠金取引のサービス開始
・2008年:持株会社の商号をマネックスグループに変更
・2010年:ワン株サービスを開始、オリックス証券を合併
・2011年:一般個人投資家向けに人民元建て債券の取扱開始
・2012年:マネックスシグナルを開始、本店を移転
・2013年:ソニーバンク証券と合併、マネックス・ゴールドを開始
・2015年:ラップ型投資信託の取扱開始
・2016年:ロボアドバイザーを活用したマネラップの提供開始
・2017年:投資信託の取扱本数が1,000本を突破
・2018年:総合アプリ「マネックス証券アプリ」の提供開始

マネックス証券のブランド

マネックス証券では、ブランドについて明確に定義しています。

●ブランドスローガン

「"MONEY"のYの一歩先を行く"MONEX"」で、「未来のMONEY。次世代におけるお金との付き合い方をデザインして、お客様に提供していこう」という考えから命名されました。

●ブランドロゴ

「どっしりと大地を踏みしめたヒトが両手で丸を示したマーク」で、「人間を主役としたお金のネットワーク」を表現しています。

マネックス証券の取扱商品

マネックス証券は、顧客の多様なニーズに応え、充実した金融商品を提供しています。

株式 株式(現物)、ワン株(単元未満株)、信用取引、新規公開株、立会外分売、ETF/ETN、J-REIT、米国株、中国株
投資信託 投資信託、外貨建てMMF
債券 国内債券、外国債券
FX FX PLUS、マネックスFX
先物・OP 先物・オプション取引
CFD クリック株365
投資支援 ロボアドバイザー
個人年金 個人型確定拠出年金「iDeCo」
マネックス・ゴールド

マネックス証券の提供サービス

マネックス証券は、顧客の視点から考えた、多様なサービスを提供しています。

投資情報 マーケット情報サマリー、マーケットボード、ニュース、ランキング、レポート、MONEXカレンダー 他
投資ツール マネックストレーダー、マーケットライダー、フル板情報ツール、シグナルトレーダー、マネックス銘柄スカウター、チャートフォリオ、MONEX LABS TOOLS 他
利便性
サービス
貸株サービス、配当金受取サービス
即時入金サービス、定期自動入金サービス
マネックスポイント、マネックスセゾンカード
電子交付サービス、アラートメール
株主向け優遇サービス 他

マネックス証券の会社概要

マネックス証券は、東証1部上場のマネックスグループ(金融持株会社)が100%出資するネット証券会社です。

商号 マネックス証券株式会社
〔Monex, Inc.〕
設立 1999年5月
本店所在地 東京都港区赤坂1丁目12番32号
上場/非上場 親会社(マネックスグループ)は東証一部上場
特色 先進的な商品・サービス
お手頃な手数料
高機能アプリ・ツール
充実の投資情報
豊富な海外投資商品
100円からの投資信託
安心のサポート体制
おトクなマネックスポイント

金融ブランド事典

カテゴリー