証券会社

読み方: しょうけんがいしゃ
英語名: Securities Company
分類: 金融機関

証券会社は、株式債券などの有価証券の売買の取次ぎや引受けなどを行う企業(株式会社)をいいます。これは、日本においては、金融商品取引法に基づき、内閣総理大臣の登録を受けて、金融商品取引業を営む会社(金融商品取引業者)を指します。また、旧証券取引法で、その商号内に「証券」という文字を用いなければならなかったことから、今日でも商号内に「証券」が含まれている会社が多いです。

日本の証券業界は、1999年の株式売買委託手数料の自由化とインターネットの普及を期に大きく変わり、昨今では、顧客の裾野が大きく広がりました。特にインターネット取引を中心としたネット証券の参入によって、手数料やサービスの競争が起こり、その結果、業界全体で顧客(利用者)の利便性が大きく高まりました。(個人の証券取引はネットが中心となった)

ここでは、証券会社の概要について、簡単にまとめてみました。

証券会社の主な業務

証券会社は、個人向けには、株式や株価指数先物・オプションなどの売買注文を受けたり、個人向け国債や投資信託などを販売したりするほか、投資に関する様々な情報提供を行っています。一方で、法人向けにも様々なビジネスを行っており、現在、証券会社の主な業務は、以下のようになっています。

・投資家の売買注文を投資家に伝える「ブローカー業務」
・証券会社自身が株式・債券等の売買を行う「ディーラー業務」
・発行体から有価証券を買い取って投資家に売る「アンダーライター業務」
・発行体から有価証券を預かって投資家に売る「セリング業務」

証券会社の種類

証券会社は、その形態面において、以下のように分類することができます。

・店舗の有無による分類
-既存型証券会社(店舗+ネット+コールセンター)
-ネット証券会社(ネット+コールセンター)
・国内系/外資系による分類
-国内系証券会社
-外資系証券会社

証券会社の取扱商品

現在、証券会社は、個人向けに、以下のような商品を取り扱っています。特に銀行等と比べて、投資商品が充実しているのが大きな特色となっています。(金融機関によって取扱商品は異なる)

・株式(日本株、外国株)
-現物取引、信用取引、ミニ株、単元未満株、PTS取引
・債券
-国債、地方債、普通社債、転換社債、外債・・・
・投資信託
-国内投信、外国投信、ETF、ETN、REIT
・先物・オプション取引
・外国為替証拠金取引
・CFD取引
・商品先物取引
・カバードワラント
・保険商品 他